お酒を買取ってもらう際に知っておきたいポイント

お酒を買取ってもらう際に知っておきたいポイント

お酒を高値で買い取ってもらう際のポイント

お酒は、銘柄やヴィンテージと呼ばれるブドウが収穫された年だけではなく、状態などによっても査定額や買取金額が上下します。
お酒買取サービスを利用しようと考えている人は、高額買取となる要素や査定額を上げてもらうためのポイントなどを覚えておきましょう。

飲まないことがわかったらできるだけ早めに買取に出す

「このお酒を今後飲むことはないだろう」と思ったら、すぐにお酒買取業者へと査定に出すことをおすすめします。
そのまま自宅に保管しておくのは避けましょう。

一般のお宅でお酒を適切な状態で保管するのは簡単なことではありません。
お酒に合わない環境で保存・保管しておくと、確実に劣化してしまいます。
熟成タイプのお酒でも保管の仕方を間違えれば中身が劣化し変色や減量などを引き起こし、買取価格が下がってしまうのです。

間違った保管方法は、ラベルが剥がれたりボトルが汚れたりする原因にもなります。
中身だけではなく容器などの状態によっても価値が変わってくるのがお酒というものです。
飲まないと判断したら、それ以上状態が悪化する前に買取に出すようにしてください。

付属品がある場合は揃えて買取に出す

スーパーやコンビニで手に入れられるお酒は、ボトルのまま売っているものが大半です。
しかし、お酒の価値が高くなればなるほど、いろいろなものが付いてきます。

具体的には、木箱や化粧箱、替え栓などです。
保証書や鑑定書などギャランティーカードと呼ばれるものが付いてくるお酒もあります。
オリジナルのグラスやポスター、ポストカードなどが付属されているお酒もありますね。
こうしたものをまとめて付属品と表現されるのですが、もしお酒とともに手元に残っているのであれば、付属品も揃えて査定や買取に出してください。
単純に、査定価格や買取価格がアップします。

全ての付属品が揃っていれば数万円から数十万円アップするケースもあるほどです。
私もお酒買取業者で働いていた時、お酒を持ち込んできたお客さんに「箱などは持っていませんか?」と何度も聞いた経験があります。

見つからなかったという人もいますし、家に帰って探してみますと一度持ち帰ったお客さんもいました。
付属品の重要性を知らないと、売る側も買い取る業者側も損をしてしまいます。
査定に出す前に付属品がないかチェックしてみましょう。

安いお酒を買取に出す場合はまとめて買取に出す

タイミングや付属品も重要ですが、お酒は本数が多ければ多いほど高い査定額へと繋がります。
お酒買取業者で働いていた立場からすると、まとめて査定に出してもらえれば人件費や手間などが省けるのでとても助かります。

そのぶん査定額に上乗せすることができ、高い金額で買い取れるわけです。
1本1本別々に査定を依頼して最も高い金額を提示した業者にそれぞれ買い取ってもらうという方法もありますが、それよりもまとめて買取へと出した方がトータルの金額は高くなることが多いはずです。

特に安いお酒は、まとめて買取に出すようにしてください。
1本ずつだと安くてガッカリするような査定額しか付かなくても、まとめて査定に出せば1本あたりの金額もアップし満足度も上がります。
売る側の手間も省けるので一石二鳥でしょう。

買取に出すお酒はきれいに拭いて買取に出す

これもお酒買取業者で働いていた立場からの意見になりますが、お酒は査定前にきれいに拭いておいてください。
同じ銘柄、同じヴィンテージのお酒でも、ホコリをかぶっているものとかぶっていないものとでは、査定額にどうしても差を付けたくなってしまいます。

それが業者側の感覚です。
拭いたら取れるようなホコリや汚れくらいであれば、サッと拭き取ってきれいにしておきましょう。
それだけで印象も良くなり、お酒によっては数千円から数万円程度の差が出ることもあります。

乾拭きで拭く程度でいいので数分で終わります。
これだけの手間で査定額がアップするなら、試してみて損はないはずです。

あまりゴシゴシと力を入れて拭き過ぎると逆にラベルやボトルや栓などを傷つけてしまうので気を付けましょう。
水拭きも、ラベルを剥がしてしまうリスクが高まるので厳禁です。