出張買取を利用するメリット|デメリット【主な買取手段1】

出張買取を利用するメリット|デメリット【主な買取手段1】

出張買取を利用するメリット

家やオフィス、お店などお酒を保管している場所に、お酒買取業者のスタッフを派遣してもらって買い取ってもらえる「出張買取」。
この買取方法には、大きく3つのメリットがあります。
一つずつ説明していきましょう。

大量のお酒を買い取ってもらえる

わずかな量のお酒なら、持ち歩くことも難しくはありません。
しかし、数十本や100本以上のお酒を持ち歩くのは、さすがに現実的ではありませんよね。

大量のお酒を買い取ってもらうなら、出張買取の利用がベストです。
お酒の保管場所にお酒買取業者に来てもらえば、何百本のお酒であっても査定し買い取ってもらうことができます。
取引が成立したら、そのままその業者に持ち帰ってもらえるので、手間も一切かかりません。

お酒の量が多過ぎるという理由で出張買取を断られてしまうこともないので安心してください。
売る側にとっては最も労力のかからない買取方法となりますから、ぜひ一度利用してみましょう。

自宅から一歩も出ずにお酒を買い取ってもらえる

自宅に訪問してもらえるいうことは、お酒を売りたい人は自宅から全く外に出る必要がないということです。
出張買取なら、お酒を梱包する作業も必要ありません。

そのまま置いておくだけで、あとは業者が自宅を訪問し、査定を行い買い取ってくれます。
大量のお酒を買い取ってもらえることとも繋がりますが、家から持ち出すのが困難なほど売りたいお酒の本数が多い場合には、出張買取の選択が現実的でしょう。

出不精の人にとってはもちろん、怪我をしている人や主婦の方、妊婦さんなどにとっても大きなメリットが感じられるはずです。
時間を少しでも節約したい人にも、ぜひ利用してもらいたいですね。

スタッフと交渉しながら査定ができる

宅配買取も、集荷サービスなどを利用すれば自宅から一切出ずにお酒を売却することができますが、交渉がしづらいという欠点があります。
出張買取は、スタッフと直接会える対面式の買取方法です。

つまり、交渉しつつ査定や買取作業を進めていくことができるわけです。
「他の業者に査定に出したらもうちょっと高かった」、「このお酒は稀少性が高いはずだから、査定額を上げてほしい」、「まとめて売るから買取価格をアップしてくれ」など、対面式だからこそ可能な交渉が行える点は大きなメリットとなるでしょう。

特に高価なお酒や大量のお酒を売る場合や、交渉力に自信のある人などにとっては有利に働くはずです。
店頭買取とは違い、自分のホームで交渉できる点もメリットですね。

出張買取を利用するデメリット

出張買取には多くのメリットがある一方で、デメリットもないわけではありません。
この買取方法を利用する際の注意点として知っておくべきことをまとめてみましょう。

出張買取に対応しているエリアが限られている

出張買取に関しては、対応エリアを限定している業者も少なくありません。
ネットで査定してもらい、一番高い査定額を付けてくれた業者の出張対応エリアに自宅が入っていないこともあり得ます。
このように、最も利用したい業者が対応エリアの都合で利用できない可能性がある点が、出張買取のデメリットの一つです。

ただし、全ての人に当てはまるデメリットではありません。
新宿やその周辺に住んでいる人であれば、多くの業者の出張買取サービスを利用することができます。

都内では、お酒買取業者が数多く営業してくれているからです。
出張買取を利用する際は、念のため興味を持った業者の対応エリアを事前にチェックしてから依頼しましょう。

経費がかかる分買取金額に影響する場合がある

ほとんどのお酒買取業者では出張手数料や査定料などはかからず、完全無料でお酒を買い取ってもらうことができます。
しかし、業者側に一切経費が発生しないわけではありません。

車両代やガソリン代がかかりますし、人件費もかかります。
そのため、手数料等は無料とホームページやチラシなどで謳ってはいても、実際には出張買取にかかる経費を差し引いて査定額を算出している業者も存在しています。

出張買取を利用した際、「思ったよりも買取金額が低いな」と感じたら、もしかしたらその業者は経費を差し引いているかもしれません。
お酒買取業者も利益を出さなければいけないので仕方がありませんが、出張買取にかかる経費が多少は買取金額に影響すると思っておいた方がいいでしょう。

まとめ

  • 出張買取なら手間や労力をかけずに大量のお酒を買い取ってもらうことが可能です
  • 自宅から一歩も出ずにお酒を買い取ってもらえるのも出張買取の大きなメリットです
  • 宅配買取では不可能な交渉を店頭買取よりもリラックスして行えるのも、出張買取利用のメリットとなります
  • 出張範囲や対応エリアが決められているお酒買取業者が多いので、全ての業者の出張買取サービスを利用できるわけではありません
  • 経費がかかるため査定額や買取金額が多少低くなってしまう可能性がある点は、出張買取のデメリットとなるでしょう