宅配買取を利用するメリット|デメリット【主な買取手段2】

宅配買取を利用するメリット|デメリット【主な買取手段2】

宅配買取を利用するメリット

お酒をダンボールなどに詰め梱包し、配送サービスを利用してお酒買取業者に買い取ってもらう方法が「宅配買取」です。
宅配買取を利用する人はとても多いのですが、それにはこの買取方法のメリットが関係しています。
どのようなメリットがあるのか見てみましょう。

当サイトでは、大量のお酒の買取も可能な出張買取についても紹介していますので、興味がある方はこちらの記事もご覧ください!

時間に関係なくお酒を買取に出すことができる

宅配買取は、自分の好きな時間に買取に出せることが最大のメリットです。
お酒買取業者の営業時間や受付時間を気にする必要は全くありません。

梱包する時間も自由ですし、運送会社の集荷サービスも自分の都合の良い時間帯でお願いすれば、わざわざ時間を作る必要もなくなります。
コンビニや運送会社の営業所では24時間いつでも荷物を預けることができますから、こうしたサービスも活用することで時間に一切縛られることなくお酒買取サービスを利用することができるでしょう。

店頭買取や出張買取はどうしても業者側の営業時間や対応時間に合わせる必要が出てきてしまいます。
宅配買取にはそうした手間がないぶん、自由度の高い買取方法と言えますね。

直接やりとりをすることなくお酒を買取に出すことができる

店頭買取や出張買取は、お酒買取業者のスタッフと対面することで直接交渉することが可能です。
しかし人見知りの人などは、むしろ一切顔を合わせずにお酒を売りたいと考えるかもしれません。

そのような人にこそ、宅配買取をおすすめします。
宅配買取なら業者のスタッフと直接会ってやりとりする必要はありません。
メールや電話などでの確認作業は必要になりますが、顔を合わせることはないのであまり緊張することなく取引を進めていくことができます。

人前だと緊張してしまったり、知らない人との世間話が苦手な人などは宅配買取を利用してみてください。
取り繕う必要もないので、気楽に取引できるでしょう。

宅配買取を利用するデメリット

宅配買取のメリットと一緒に、この買取方法のデメリットも押さえておきましょう。
これを知らないと、あとで面倒臭い思いをすることになるかもしれないので注意が必要です。

やりとりが面倒

お酒の宅配買取は、業者にお酒を送ったあと業者から折り返しの連絡がきて、それに応じた上で最終的な買取金額などを決定し取引が成立するという流れになります。
言葉で流れを書くと簡単そうに感じますが、実際にやってみると他の買取方法と比べて少し手間がかかります。

業者とのやりとりも何度か必要になりますし、顔が見えないだけに行き違いが発生する可能性も否定はできません。
電話対応が苦手な人は特に面倒に感じるかもしれませんし、メールでやりとりするにしても何度も返信する必要が生じるなど、やはり手間がかかってくるでしょう。

宅配買取の流れをある程度知った上で利用するかどうかを決定してください。
どんな作業ややりとりに面倒さを感じるのかも考えながら流れを確認すると、自分にとって最適な買取方法が選択できるはずです。

運搬中にお酒が破損する可能性がある

宅配買取サービスを利用することの最大のリスクは、運搬中にお酒が破損する可能性がゼロではないことです。
運送会社が運搬するのでそこまで雑には扱わないとは思いますが、それでも破損してしまう可能性はあります。

私もお酒買取業者で働いていたとき、お酒の瓶が割れて中身が漏れ出したと運送会社から連絡を受けたことがありました。
万が一の際には運送保険が適用されて補償してもらえるものの、この金額にも上限があります。
高価なお酒の場合には全額補償してもらうのが難しくなってしまうでしょう。

売る側としては祈るしかありません。
こうしたリスクを考えると、お酒の価値によって宅配買取サービスを利用するかどうかを決める必要も出てきそうです。

まとめ

  • 好きな時間にお酒を買取に出せるのが宅配買取の最大のメリットです
  • お酒買取業者と直接会ったりやりとりする必要がないので、人見知りの方などには宅配買取をおすすめします
  • 宅配買取は電話やメールなどで何度か業者とやりとりすることがあるため、少し面倒さも感じてしまうかもしれません
  • 運搬中にお酒が破損する可能性があるので、お酒の価値によっては宅配買取の利用を避けた方がいいでしょう